沖縄タイ古式マッサージ

「気持ち良い」「心地よい」を追求して

こんにちは。タイ古式出張ウルウールの遠藤です。

私はエステスクールを修了後、リゾートホテルにてホテルスパに勤めておりました。ホテルスパを選んだ理由は、美を徹底的に追及したエステサロンというより、美と癒しを提供したいと思ったからです。

「美を得るためには、身体の中から健康でなければいけない」ことを学びました。

そこから、「自分にとっての健康について」今に至るまで考え実践する日々です。

そしてこの仕事を始めてから今まで、マッサージをしたり、してもらったりすると「気持ちよい」「心地よい」「気持ち良くない」が私の全てのマッサージにおける重要なポイントとなっています。

「気持ち良いからこれは取り入れよう。」「気持ち良いと思ってたけど、受けてみるとイマイチ」といった具合に。特にアロマトリートメントに関しては、「気持ち良い」だけを選んた私流のトリートメントに仕上がっています。笑

トリガーポイント、痛点、ツボなど、様々な表現がありますが、タイマッサージでも痛みを感じやすいポイントがあります。腰痛・ひざ痛・肩痛などにアプローチするときには痛いこともあります。

タイマッサージはそこを考慮しても、絶対に気持ち良いマッサージです。

気持ち良いを追求してたどり着いたのはタイ古式マッサージでした。

その良さをたくさんの人が経験してくださるといいなと、私を含めタイ式セラピストの多くの方々が思っています。

一度はぜひお受けいただけたらと思います!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です